産業カウンセラーについて知ろう

産業カウンセラーに課せられた役割

産業カウンセリングには3つの役割が存在します。

 

1)キャリアカウンセリング
産業カウンセラーは社員の自己実現や進路の選択のための相談に乗り、支援を行うためにキャリアカウンセリングを行います。今は終身雇用制度が揺らいでいるために自発的に競争できる企業人を目指す必要があります。

 

2)職場の人間関係環境作りのサポート活動
産業カウンセラーは職場の人間関係がスムーズになるためのサポートを行ったり、仕事の能力を高めるためのカウンセリングを行います。

 

3)メンタルヘルス対策のサポート活動
産業カウンセラーは独立しており、健全な企業人になるためにサポートを行い、悩みを抱えている人のサポートを行います。

ストレスに関するアンケート調査

あるストレスに関するアンケート調査の結果、職場でのストレスを抱えている会社員の割合は30代後半で60%以上もいたことが判明しています。現代は中高年の自殺も多くなっていますし、連日のように残業を強いられている人も多いために大変なストレス社会だと言えるでしょう。

 

職場で強いストレスを感じてしまうと、プレゼンテーションを行ったり、仕事のことで他人と話す時に緊張してしまって頭が突然真っ白になったり、赤面してしまったり、手の震えが止まらなくなってしまうことがあります。このような状態が次第に強くなっていくと、人前に立って発表したりすることがとても恐くなってしまいます。その上、拒食症を患ったり、妄想的な性格になったり、心に様々な病が発生してしまう可能性が高まってしまいます。
→心理カウンセラー資格取得